人民元(RMB・CNY/JPY)取扱い業者で比較

中国の通貨、人民元(RMB・CNY)を取り扱っている業者です。人民元はドルと連動するドルペッグ制でしたが2005年7月21日に廃止し、人民元の2%切り上げが実施されました。現在は通貨バスケット制になっていますが、今後もまた切り上げが実施される可能性もあるのでチェックしておきたい通貨です。

人民元/円(CNY/JPY)
会社名サービス名 取引単位スプレッド
ひまわり証券 ひまわりFX 10,000通貨 4 詳細
※現在は取扱を休止しています。




通貨バスケット制とは

通貨バスケット制は自国の通貨を複数の外貨に連動したレートにする固定相場制のことである。

外貨の構成比率は貿易比率によって決めるのが一般的である。1985年をピークに採用国数は減少傾向になった。その後、メキシコ通貨危機やアジア通貨危機が発生したため、近年見直されつつある。先進国等、経済規模が大きい国では主に変動相場制が用いられており、そのレートは比較的大きく変動している。そのため貿易比率がある程度分散している場合、一国の通貨に連動する体制を取ったのでは他の貿易相手国との為替レートが大きく変動してしまう。それをある程度緩和できるというメリットがある。近年では2005年に中華人民共和国が採用した。ただし、通貨危機に耐えられるのは自由変動相場制かカレンシー・ボード制だけであるという考えもある。
Wikipediaより